関東と同日に、関西でも橋下で雨をしのぎながらの活動を行いました。 初参加の3名を含む73名のホームレスの人達が集まり、メニューはクリームシチュー、おにぎり、バナナでした。

今年も風邪やインフルエンザ対策として11月から2月まで、希望者全員にビタミンCを配布することにしました。また、例年通り地域の福祉事務所に私達の希望が受け入れられ、65歳以上の野宿者に限り無料でインフルエンザの予防接種を受けられることになりました。

1人の男性が仕事を始めたと報告してくれました。作業所に通うAさん(38歳)は小柄でいつもニコニコとして愛嬌のある人です。炊き出しに来るたびに「ハローワークに行きなさいよ」と声をかけていましたが、1年前に作業所の相談員のお世話で生活保護を貰えるようになり、3カ月ほど前からは老人ホームの清掃の仕事を始めました。

職業訓練ですので週に5~6日働いて3万円ほどの仕事ですが、仕事に就けたことを喜び、「その人の顔があるから仕事を辞められない」といつもの笑顔で話してくれました。生活保護を貰えるようになると就労意欲をなくしてしまう人が多い中、彼が仕事に喜びを感じていることにメンバーも喜び、握手をしてエールを送りました。これからも彼のことを温かく見守っていきたいと思います。

1人のホームレス男性が「ここのお陰で寿命が延びる。とても感謝しています」と話しかけてくれました。雨天にもかかわらず、穏やかでほのぼのした炊き出しになりました。

今月も沢山のパンを御寄付頂き、3個ずつビニール袋に入れてホームレスの人達に手渡しました。皆様方の温かいお心が届きますようにという思いで、配布させて頂きました。
毎回周知してくださる皆様にも、本当に感謝の思いです。それによって多くの路上生活の人達が、命を繋ぐ食事や衣類を手にする場が得られています。

皆様の毎回の御協力に重ねて感謝申し上げますと共に、今後とも、どうか御力を頂けますよう宜しく御願い申し上げます。