京都 鴨川陶化橋下 慈善活動

10月20日(土)、京都市内にて慈善活動を行ないました。秋晴れの下、初参加の11名を含む88名のホームレスの人達が集まりました。

毎年10月には企業や法人の方々から毛布と冬物衣類を寄付して頂いていますが、今年も毛布50枚と200枚もの冬物衣類を配布することが出来ました。

丁度この頃から朝夕は寒くなってきますので、今年もホームレスの人達に冬支度をさせてあげられました。「今日は沢山衣類があるなあ」と嬉しそうに話す男性や、衣類のサイズを確認する男性達もいました。2人の年配の男性が「先に毛布を貰えませんか」と希望したので、先に渡しました。

メニューは、具沢山味噌汁、おにぎり、バナナでした。陽だまりの中、温かい具沢山味噌汁は体の芯まで温まるようで好評でした。お代わりする人が多く、いつもより早くなくなりました。Tシャツ姿の男性に「寒くないの」と聞くと「味噌汁で体が温まったよ」と。別の男性は「味噌汁だけでお腹一杯になった」と嬉しそうでした。

この日、61歳の男性が話しかけてきました。生活保護を貰いリウマチ治療中のその人は、以前に勤めていた建設会社の社長さんから「病気が治ったらいつでも戻ってこいよ」と言われているそうです。「重労働は無理かもしれないけれど、これまでの経験で現場の指導は出来る。早く病気が治って仕事がしたいんやけどなあ。歳も歳やし間に合うかなあ」と不安も口にしました。

その他、生活保護を貰ってアパートに入れた男性は、一人になり精神的に不安定になり、結局路上生活に戻ってしまっていました。「アパートに入れても仕事が見つかっても、炊き出しに来たい人はいつでも来てもいい」と言っていて良かったと、改めて思いました。

今年も皆様には、衣類や食品、生活用品をご寄付下さり、また時間をやりくりして炊き出しに駆けつけて下さいまして、本当に有難うございました。来年も引き続きご支援下さいますよう宜しくお願い申し上げます。




京都 鴨川陶化橋下 慈善活動
京都 鴨川陶化橋下 慈善活動
京都 鴨川陶化橋下 慈善活動
京都 鴨川陶化橋下 慈善活動
京都 鴨川陶化橋下 慈善活動