京都 鴨川陶化橋下 慈善活動

朝からよく晴れて日向では暑いくらいの晴天の中、初参加11名を含む103名のホームレスの人達が集まりました。 メニューは具沢山味噌汁で、その他、バナナ、乾パンなどをはじめ、アイスコーヒー、コーヒー、お茶、ビタミンC、衣類、日用品などを配布しました。

今回参加者が多かったのは、ホームレスの人の話によると、「他所(特に大阪)から流れてくる人が増えているのと、月初めに入った生活保護のお金が無くなって来たのではないか」ということでした。

率先して手伝いをしようという人達が多く、メンバーもホームレスの人たちも一緒になって炊き出しの準備を始めることが出来ました。

また、ホームレスの人達が今月も衣類を持って来てくれ、河川敷を散歩していた男性も「次回の炊き出しの時に衣類を持ってきます」と申し出て下さいました。このようにご近所の方達の暖かい援助も頂いております。

膵臓ガンの手術で6ヶ月間入院していたホームレスの男性や、心臓病で入院していた男性は3ヶ月ぶりに来場。他にも久しぶりに参加した5~6名の人たちはお互いに齢がいったとはいえ、皆以前よりも痩せているのが気になりました。

普段の厳しい生活ぶりがしのばれて、たとえ月に一回でもこうして皆様の御支援を頂きながら活動を続けることが出来て本当に有難く思っております。

そのような中、1人の男性ホームレスが、「これまでここに来ていたTさん(女性)が、もう来なくてもよくなったので、お礼を言っておいてと言っていました」と教えてくれました。たった一人でも女性ホームレスの人が今の生活から抜け出ることが出来て本当によかったと思いました。

皆様の深いご愛情が、今日の糧を得ることが難しい、困っている人達の支えとなっています。これから路上は大変厳しい季節を迎えます。 今後とも、どうかご協力を頂けますよう宜しくお願い申し上げます。




京都 鴨川陶化橋下 慈善活動
京都 鴨川陶化橋下 慈善活動