京都にて慈善活動を行ないました。
11月とは思えないような小春日和の暖かい一日、初参加の4名を含む81名のホームレスの人たちが参加しました。受付では、ご自由にお取りくださいと飴を置きましたが、全部なくなりました。

この日のメニューはクリームシチューとおにぎり2個でした。「ここのシチューは最高に美味しい」という声も聞かれて、普段は温かい物を口にすることがほとんどないホームレスの人たちにとっては、何よりの御馳走になったようです。いつものようにホットコーヒーやココアも自由に飲めるようにしましたが、さすがに今日は「冷たい水が欲しいです」という人が3名いました。

物品配布では、冬物衣類を沢山並べることが出来ました。ホームレスの人たちは、くじの順に何度も何度も並びなおして、お目当てのものを手にしていきました。先月と今月の2回冬物衣類を配布出来ましたので、「皆さん、ジャンパーやセーターを貰いましたか」と尋ねると、皆うんうんと頷いていました。毛布も運んできた20枚全てがなくなりました。

皆様のお陰で毎年沢山の衣類を配布出来ますので、ホームレスの人たちはとても身綺麗になりました。中には「この人本当にホームレス?」と疑ってしまうほどすっきりとした人もおられます。ところが、その男性は毛布を2枚貰っていました。あるホームレスの人が、「炊き出しに来る時には、自分が持っている服の中で一番綺麗なのを着てくるんだよ」と言っていたのを思い出しました。

今年も地域の福祉事務所にこちらの希望が受け入られ、65歳以上のホームレスに限り、無料でインフルエンザの予防接種を受けられることになりました。3名の男性が予防接種を受けたいと申し出ました。また、風邪やインフルエンザ対策として、11月から2月までは例年通り希望者全員にビタミンCを配布しました。

皆様には、引き続きご協力を宜しくお願い致します。当日のお手伝いも大歓迎です。お待ちしております。