今月は沢山の防寒衣類や毛布を配布しますので空模様が気懸りでしたが、天気予報に反して雨は明け方には止み、御陰で一時霧雨が降る程度で済みました。初参加の6名を含む81名のホームレスの人たちは来るなり、綺麗に並べられている衣類を触りたがったり、折り畳みボックスの中の大きな食パンに驚いたりと、とても嬉しそうにしていました。

この日のメニューは具沢山味噌汁とおにぎり2個でした。熱々の味噌汁に心も体も暖まったようで、皆穏やかな表情をしていました。持ち帰り用の味噌汁もすぐになくなりました。

今月は、パン屋さんより2斤の食パンを35本も寄付頂きました。焼き立てのまだ温かさが残るくらいの食パンで、大切なパンを綺麗な形のまま配布するために、1本を3等分にし、1個ずつビニル袋に入れて折り畳みボックスに並べて現地に持っていきました。

大阪の法人からは、ジャンパー80着、セーター110枚、Gパンやスラックス75本など、2回に分けて本当に沢山の冬物衣類を頂きました。ホームレスの人たちは、サイズを確認したり実際に来たりして、時間をかけて選んでいました。早速、その場で着込む人も何人もいました。「沢山あって、どれを選んだらいいか迷ってしまう」と嬉しい悲鳴の男性もいました。寒そうな格好をした男性には、ジャンパー、トレーナー、綿パンを選んであげました。

神戸の企業からは、今年もこちらの希望通り50枚の毛布を頂きました。ホームレスの人の中には2枚欲しいと言う人もいて、毎年私たちが頂いてくる毛布を当てにしているようでした。慈善活動開始以来ずっとご支援下さっている2社のお陰で、今年も多くのホームレスの人たちが冬支度をすることが出来ました。

ホームレスを脱し就職出来た男性が肺疾患に罹り、入院することになりました。いつも用意していた入院セットのバッグの中を確認し、さらに洗濯石鹸や肌着も追加して渡してあげることが出来ました。

皆様には、引き続きご協力を宜しくお願い致します。当日のお手伝いも大歓迎です。お待ちしております。