京都にて慈善活動を行ないました。午前中は風もあり曇っていましたが、配食前には漸く晴れてきました。そのような肌寒い中、78名のホームレスの人たちが集まりました。活動場所側の道路工事も漸く終わりました。二人の男性がメンバーよりも早く来て、車の誘導をしてくれました。ホームレスの人たちの気持ちが、嬉しかったです。

この日のメニューはクリームシチューとおにぎりでした。寒かったせいもあり、暖かいシチューは好評で、おかわりも含めてあっという間になくなりました。メンバーが、「3日ぶりに食べたという人がおられました」と教えてくれました。いつも手伝ってくれているホームレスの人によると、ここにやって来る人のうち1割はまともに食べていないということでした。漸く購入できるようになった乾パンと、寄付頂いたパンやカロリーメイトを全員に配布しましたが、余ったおにぎりやバナナ、カロリーメイも希望者がくじの順に持っていきました。

以前に大腸ポリープの手術を受けたホームレスの男性が、今度は大腸がんの手術を受けることになりました。いつも用意している入院セットが入ったボストンバッグを渡して、肌着なども追加してあげました。その男性は、「こんなん、貰えるの」と驚き、とても喜んでいました。お手伝いをしてくれているホームレスの人も、「こんなん貰えるのは、ここだけやで」と言っていました。

メンバーの友人で、以前に看護師をされていたAさんがお手伝いに来て下さいました。すぐに皆と一緒に準備を手伝って下さり、反省会では「役割分担が決まっていて、すごいと思いました」と感想を言われました。

また、河川敷を自転車で通っていた女性が、「服を持って来てもいいですか」と尋ねて来られました。ニュースレターを渡して、来月の開催日をお伝えしました。今回はこのような嬉しい動きがありましたので、私たちの活動が今後もっと一般に広がっていってくれればと思いました。

皆様には、引き続きご協力を宜しくお願い致します。当日のお手伝いも大歓迎です。お待ちしております。