京都にて慈善活動を行ないました。これまで寒い日が続いていましたが、今日はこれまでに比べて風もなく穏やかな一日になりました。

この日のメニューは粕汁とおにぎり、お汁粉でした。ホームレスの人たちは、「美味かったあ」と温かい食事に嬉しそうでした。配食後は、バルキー靴下を100足、冬物衣類や使い捨てカイロ等を配布しました。

今回初めて参加した男性が、就職が決まったと話してくれました。
Aさん(41歳)は高校卒業後は正社員として働いていましたが、解雇された後は派遣社員として働いていました。色々な会社に派遣されましたが、ここ2年間は住み込みで働いていました。安い給料で働く中、両親の葬式代を出したりして、蓄えもなくなってきました。

仕事もなくなったため、ハローワークに通いながら、日雇いの仕事をしていました。家がないため、ネットカフェで泊ったり、一晩中街を歩き回ったこともあったそうです。

この度、情報誌に載っていた求人募集がハローワークの情報の中にもあったため、面接に行き採用されることになりました。会社が寮として借りているアパートに住めるそうです。最初の3カ月間は試用期間となるため、頑張って働くように激励しました。

Aさんは住み込みの仕事がなくなってから7か月しか経っていません。早く次の仕事を見つけることが、ホームレスに陥らない秘訣だと思いました。

皆様には、引き続きご協力を宜しくお願い致します。当日のお手伝いも大歓迎です。お待ちしております。