京都にて慈善活動を行ないました。台風の影響を心配していましたが、9時半頃には雨も上がり、無事に慈善活動をすることができました。

初参加の11名を含む99名のホームレスがやってきましたが、寒そうな格好をして震えている人たちには、先に暖かそうなジャンパーやセーターを選ばせてあげました。皆、早速着込んで、「これやったら、温かいです」、「これで冬もいけます」ととても喜んでいました。先に毛布も欲しいと言う男性もいました。穴の開いたサンダルを素足に履いている女性には、サイズがぴったりのスニーカーがありましたので、靴下と一緒にあげました。その女性は喜んで、「助かります。有難うございます」と言って、漸くほっとした笑顔を見せていました。

今月のメニューは、かき玉汁とおにぎり、バナナ、コーヒー、お茶でした。特にお腹を空かせている男性は、2度もお代りをしていました。

今年も貸ふとん店さんから50枚の毛布を寄付して頂きました。大阪の法人からは沢山の冬物衣類を提供して頂きました。大きなレジ袋を両手にしたホームレスたちは、皆ほっとしたような表情を見せていました。毎月、美味しいパンを寄付下さっているパン屋さんをはじめとして、こうした方々のご支援もあって活動を続けていけるのだなと改めて思いました。