川崎市多摩川河川敷 慈善活動

ご提供頂いた衣類は濡らさないように、その都度ダンボールがらブルーシートに並べて配布しました。

10月5日(土)川崎市にて慈善活動を行いました。

生憎の雨模様の中での炊き出しとなりましが、84名の参加がありました。今月は秋から冬に向かう月で、ホームレスの人達には防寒着と毛布を、是非、提供したいとの思いが通じたのか、衣類をあまり濡らすこともなく無事に配布することが出来ました。

メニューはカレーライス、おにぎり、グレープフルーツ、福神漬け、ホットコーヒー、麦茶です。

お手伝いの方々もこんな悪天候にも係わらず沢山参加してくれ、いつも以上の早さで炊き出しを終えることが出来ました。

最初は清掃を止めるつもりだったのですが、霧雨だったので、ホームレスの人達に呼び掛けて自主的にゴミ拾いをしてもらうように致しました。その時に出来ればこの会場に来る道すがらも、ゴミを拾いながら来るよう促しました。

別々のホームレスの人から本会から提供した食糧がバス停に捨ててあったこと、ズボンの提供を受けたがサイズが合わなかったのか公園のベンチに捨ててあったと報告がありました。食糧については、それに気づいた別のホームレスの人がすべて拾って綺麗にし、ズボンについても教会の炊き出しに持って行きそこで再配布したということでした。

せっかく河川敷の清掃をして、少しでも地域の為に貢献したいと思っているのに、心無いホームレスの人が、一人でもそのようなことをしてしまうと、今まで継続してきたせっかくの行為が全て無駄になってしまいます。その事に気づいた他のホームレスの人達がきちんと対処し、そのことを報告してくれるので、殆どのホームレスの人達には我々の思いが伝わっているのだと感じました。また、我々の支援活動を大切に思ってくれているホームレスの人達も沢山いるのだということも実感出来ました。

ホームレスの人達がより積極的に地域に貢献出来ように、これからも努力していかなければと思いました。

皆様の更なるご協力をお待ちしております。




川崎市多摩川河川敷 慈善活動

悪天候で制限された中でも沢山のメンバーが駆け付けてくれ、スムーズに配食の準備が進められました

川崎市多摩川河川敷 慈善活動

雨脚が弱まった間隙を突いて、少しでも地域貢献の為にと、僅かの時間ですが、ゴミ拾いを行いました。

川崎市多摩川河川敷 慈善活動

配食の時には雨も小ぶりになり、野菜一杯の温かいカレーライスをゆっくり味わうことが出来ました。

川崎市多摩川河川敷 慈善活動

毛布を希望する人達が予想以上に多く急遽保管分を再度取りに行き希望者全員に配布出来ました。