川崎市多摩川河川敷 慈善活動

思わずお代りがしたくなる愛情のこもったカレーライス

7月6日(土)川崎市にて慈善活動を行いました。

予報では34度という、前回よりも更に暑い中での炊き出しとなりました。その暑さと生活保護費が支給されたばかりということで、初参加2名を含む77名の参加しかありませんでした。

メニューはカレーライス、おにぎり、福神漬け、グレープフルーツ、乳酸飲料、アイスコーヒー、麦茶です。

テントを設営して日除け場所を確保したかったのですが、たまに突風が吹くので断念せざるを得ませんでした。ただあるホームレスの人は「自分達は慣れているから大丈夫だけれど、おたく達の方が慣れてないから大変だろ」と逆に心配されてしまいました。確かにホームレスの人達の方が日々暑さ、寒さの逆境に耐えながら、過酷な生活を強いられているのですから、当然のことかもしれません。

いつも水汲みをしている公園の蛇口がまた盗まれたと、男性ホームレスが教えてくれました。蛇口が無いと炊き出しの時に困るとすぐに思ったそうです。丁度、水道課の人が来ていたので、「ここの蛇口が無いと、不便で仕方がないから、もう一度付けてもらえると非常に助かる」とお願いして再度付けてもらったと、嬉しそうに、自慢げに話してくれました。「本当に助かったよ。有り難う!」とお礼をいい、「しかし、酷い奴が居るものだ」というと、蛇口1個が190円で売れるそうで、缶集めより率がいいから、盗む奴がいるということでした。

また、衣類が入ったバッグを盗まれたというホームレスの人が居ましたので、必要な日用品類や衣類、下着を提供致しました。

川崎で炊き出しを始めてから、もう10年を過ぎ、最近では毎週土曜日にパンの配布まで行っております。この活動は地域の犯罪抑止になっていることは間違いのないことだと思います。今後もこのような犯罪が少しでも減る事を願いながら、皆様のお力を借りながら活動して参ります。現場でのお手伝いも心よりお待ちしております。




川崎市多摩川河川敷 慈善活動

自転車に重たい荷物の運搬を手伝ってくれる男性ホームレス

川崎市多摩川河川敷 慈善活動

自分に合う夏物衣類を探すのに必死です

川崎市多摩川河川敷 慈善活動

暑さに負けずに河川敷の清掃作業

川崎市多摩川河川敷 慈善活動

冷たい飲み物を片手にグレープフルーツをガブリ