関東では11月17日(土)に炊き出しを行いました。

今にも雨が降りそうな天候で午後から大雨との予報にも係わらず、新人7名を含む109名もの参加がありカレーライス、おにぎり、バナナ、柿、リンゴ、みかん、パン、ホットコーヒー、麦茶、衣類、日用品等を手渡しました。

天気予報では9時過ぎから雨が降り出し、12時過ぎには横殴りの本降りとのことでしたので、少し早目に会場に向かいましたが、すでに数名のホームレスの人達が待ってくれていました。車から荷物を降ろしていると、すぐにまた何名かのホームレスの人達が集まってくれ、全部で8名のホームレスの人達が荷物の運搬や会場設営を手伝ってくれ、雨模様の中、大変に助かりました。ホームレスの人達の期待や信頼感が伝わって参りました。

なるべく早目に終了しなければと、清掃も受付も止めて、衣類の準備が整い次第、来た人から順次提供を開始致しました。参加したホームレスの人達には今回は清掃作業を行わない
ので、帰りにゴミを拾いながら帰るとか、次回参加する時に、ゴミを拾いながら来る様に周知致しました。

雨具がない人にはレインコートを配布しましたが、貰ったレインコートは捨てないで再利用するよう一人ひとりに伝えました。物を粗末にし、貰うことに慣れ、それを当たり前と思うホームレスの人も何人か居り、このような人達には根気良く毎回同じことを言い続けていくことが必要だと思いました。

ご協力下さった皆様から、みかんとリンゴ、八百屋さんより柿の提供がありましたので、ホームレスの人達は沢山の果物を持って帰ることが出来、これから風邪の流行る季節になり、よい予防になったのではと思います。改めて思いをお寄せ下さる多くの皆様のお心遣いを実感致します。

9月に参加した中三男子のO君が炊き出しの片づけが始まった時頃来ました。先月は来なかったから残念だったというと、学校の体育祭でこられなかったということでした。何かせずにはいられないようで、荷物の運搬を積極的に手伝ってくれました。来月の予定を伝えると嬉しそうにうなづいていました。このような青年達がより多くなるように、こちらもより頑張らなければと思いました。

本降りになる前に、通常より約一時間近く、早目に無事炊き出しを終了することが出来、また予報より遅れて、15時過ぎから本降りになって来ましたので、ホームレスの人達もあまり濡れずに帰れたのではと思います。
沢山御提供頂いたジャンパーやセーター等の冬物衣類、毛布、フェイスタオルは、炊き出しの時に皆に配布させて頂きました。

御蔭様でホームレスの人達は両手に一杯に希望の衣類をもって帰ることが出来、これからの厳寒の季節も何とか乗り切れるのではと思います。ご提供いただいた毛布は瞬く間になくなりました。

甘い美味しいお菓子が人気の企業より、今回はパウンドケーキやチョコレートを沢山頂戴し、皆に大変喜ばれました。

また、夜寝るところが無い人達も、今回もまたこの活動場所に集まり、つかの間ではありますが、温かな食事と衣類を手にして、ほっとする時間を持つことができました。 御協力くださった全国の皆様の本当に暖かい御気持ちに心より感謝申し上げます。