川崎市多摩川河川敷 慈善活動

9月29日(土)川崎市にて慈善活動を行ないました。台風の切れ間の薄曇、草むらではバッタやコオロギが沢山飛び跳ねる中での炊き出しとなりました。

開始前から沢山のホームレスの人達が集まり出し、最終的には初参加者の20名を含む149名もの参加がありました。月末で生活費が無いこともあるのかもしれません。

メニューはハヤシライス、福神漬、おにぎり、バナナ、グレープフルーツ、パン、コーヒー、ココア、麦茶でした。

毎回の活動で清掃活動を継続し、周囲の理解や協力が得られるようになってきました。ホームレスの人達自らが「炊き出しだから草を刈らなきゃ」などと言うのも耳にします。

色々な場所で食料配布を続けていますが、川崎では明らかにほのぼのとしているのを感じます。

また、今回は男子中学3年生のお手伝いの飛び入りがありました。炊き出しの様子を興味深そうに見ていたので、声を掛けると、ボランティアに興味があり、是非一度やってみたいということでした。男子中学生は調理師免許を持ったホームレスのおじさんからおにぎりの握り方を教わったり、配食の最初にレジ袋を渡す係を体験し、最後まで後片付けも積極的にやってくれました。ボランティア精神のある若者がいる事は嬉しい限りです。

こうやって声をかけてくれる人がいることから、長年継続している周辺の清掃活動が、ホームレスの人達自身にも、また周囲への印象にも助けになっている事がわかります。

今回、毎回水を調達している公園の水道の蛇口が外されており、急遽購入したホースで、トイレの蛇口から給水し事なきを得ました。ホームレスの人達によると、公園の水道で車を洗う人達が結構いるからではないかとのこと。

活動当初より十三年に亘り毎回衣類や靴を提供下さっている企業からの荷物を宅配営業所に取りに行った時、届いていませんと言われ茫然となりました。実際は営業所の担当の勘違いで受け取れましたが、改めてこの企業のご支援の大きさを実感しました。

皆様のご愛情あるご協力に心より感謝申し上げます。




川崎市多摩川河川敷 慈善活動
川崎市多摩川河川敷 慈善活動
川崎市多摩川河川敷 慈善活動
川崎市多摩川河川敷 慈善活動