川崎市にて慈善活動を行いました。早朝からみぞれの混じりの寒い天気で、炊き出しが始まる時間になっても小雨が降り続き、結局最後までやむこのとのない天候の中での炊き出しとなりました。

こんな天候にも係わらず、新規参加者14名を含む、120名ものホームレスが集まりました。

メニューは中華丼、バナナ、お漬物、パン、バレンタインデーのチョコレート、コーヒー、お茶でした。

K社さんとH社さんから毛布や冬物衣類を段ボール18個分も提供して頂き、この悪天候の中、いかに濡らすことなく配布するか苦心しましたが、ホームレスに交代でビニールシートを屋根代わりに持ってもらったりして、無事に渡すことができました。

先月の会報誌でホームレスが多くて大変だったという記事を読んで、これはお手伝いにいかなければと、応援に駆け付けてくれた会員さんもおり、厳しい天候ではありましたが、それがかえってホームレスも含めて、皆で一体感が出来、時々冗談も出る中、笑顔で和気あいあいと炊き出しが出来ました。


12月の炊き出しに初めて来た60歳のホームレスが、仕事が決まったと目を輝かせて話してくれました。「ハローワークや新聞で仕事を探すんだ!」と前向きに語ってくれていたのですが、本当に良かったです。大手鉄鋼会社の社員食堂で昼食を作る仕事だそうで、調理師免許が役立ったとのことでした。

またある若いホームレスも就職活動に熱心で、何通も履歴書を書き、写真代もままならなくなり、しかし至急顔写真がほしいということなので、近くのショッピングモールでインスタント写真を撮って上げました。

他にも急ぎではないが、履歴書用写真の希望者が2人いたので、我々のカメラで顔写真を撮影して上げ、来月の炊き出し時にプリントして上げるようにしまいた。

一人でも多くのホームレスの職が見つかり、自立していけるよう応援したいものです。引き続き皆様のご協力を宜しくお願い致します。